秋冬用フェイスクリームで敏感肌をしっかり守るなら!?

秋冬は敏感肌になりやすい乾燥の季節!保湿ケアをしっかりとしましょう。

HAPPY  HALLOWEEN

 

 

秋冬は言うまでもなく乾燥が厳しい季節です。
特に最近では室内の暖房が原因で普通肌の方も敏感肌になってしまう可能性があります。
そしてどんなに保湿力の高い保湿クリームを使っていても、暖房ガンガンの部屋にいれば、
乾燥がすすんでいきます。

 

≫セラミド美容液・クリーム【まとめ】はこちら

 

乾燥がすすむと肌のバリア機能が低下してくるために、
普段の化粧品でかぶれてしまったり、ヒリヒリしたりということも起きてしまいます。
その結果、乾燥肌が原因で敏感肌になっていってしまうケースもあるようです。

 

 

そこでもっとも重要なのが乾燥させない事!になります。
ただこれはほとんどの方がやっているにも関わらず、
乾いてしまう・・・!というのが現状です。

 

 

うるおいが持続する保湿クリーム選びのポイント

 

保湿成分とその濃度!

 

 

 

 

保湿成分の中にもたくさんの種類がありますが、その中でもおすすめなのが、
セラミドやフラーレン、EGFといった成分です。肌の表面的な保湿に加えて、
肌内部の保水力が高く、お肌のターンオーバーに対しても良い影響があると言われています。

 

ただし例えばそんな優れた保湿成分が入っていたとしても濃度が低ければ当然ながらその効果は落ちてしまいます。とはいえ、濃度を知ることは実際にはむずかしいです。

 

成分の分子量(サイズ)が小さく浸透しやすいもの!

 

肌表面がクリームなどでカバーされることでお肌内部の水分の蒸発を防ぐ役割がありますが、
それだけでは秋冬のような厳しい乾燥には不十分です。
乾燥に負けない肌は肌の内側からうるおっていて、さらには自ら水分を逃がさないようにしているお肌です。
つまり第一に肌の内側まで保湿ができる分子量の小ささが本当のうるおいを与えてくれます。

 

 

以上の2点が秋冬の乾燥に負けないうるおいのあるお肌にするために必要な要素です。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

≫ナノサイズセラミド配合の敏感肌でも使える保湿ラインアヤナスとは??

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ