秋冬用フェイスクリームで敏感肌をしっかり守るなら!?

敏感肌で悩んで、やっと辿り着いた方法

敏感肌で悩んで、やっと辿り着いた方法

敏感肌で悩み始めた数年間は手探り状態

 

敏感肌と診断されたのか数年前。季節を問わず痒みが出てきて、いつも悩まされていました。夜、寝ている時は無意識に首やお腹、足をかきむしって血だらけになってきました。食べ物で身体に合わない物を食べてしまうだけで、発疹や蕁麻疹が出てきてしまいます。

 

そうなると、もう手がつけられなくたって、かいてしまうのです。我慢をしなければならないのでますが痒みには耐え切れず苦しさが続いてしました。皮膚科で内服薬やステロイド剤のクリームをもらって、直接、患部に塗ることで一時的には収まります。

 

しかし、あくまで対処療法で、蕁麻疹、発疹を根本的に治すまでには至りません。皮膚だけでなく、内科や漢方を扱っている病院も訪ねてみました。
これらで一番、これという所は見つかりませんでした。痒みが出るとやはり、塗りクリームで対処する方法が確実な治癒の方法だったかとしれません。

 

一方で、食事もなるべく痒みが出てこないように、当たらない様な食材にも気をつけていました。但し、面倒だったことは、どの食材が発疹の原因になるかということが、最初は判らなかったのが、意外と大変で過去に発疹が出できた食べ物を避けるようにするというやり方で、調理をしなければならなかったのです。また身体の内側から体調を整えようとアサイーベリーの効果に期待してアサイーベリージュースやスムージーなどにも挑戦しました。

 

 

敏感肌を変えてしまう方法に出会う

 

それからは食事と薬でなんとか発疹が出ないように、出ても薬で対処するというイタチごっこが続きました。しかし、定期的に薬を貰っている皮膚科の先生から、新しい病院の紹介があったのです。それは紫外線放射による治療とのこと。 

 

これにより皮膚の敏感肌を変えていける可能性があるかもしれないということでした。早速、紹介された病院に行き診察を受けました。不思議な所で、ここでは身体の内面から改善していく方法と患部を直接、治療していく方法を取っていたのでした。

 

まず、患部を直接、治す方法と紫外線を直接、非負に当てること。まるで日焼けサロンに行っているような方法でした。その部分だけ黒く日焼けするのです。
どうせならということで、日焼けサロンに通うことでも同じ効果が得られるとのことで、日焼けサロンを経営している友人がいたので、そこに週に2回通うようにしたのです。

 

これが思ったって以上によく、時折、出てきていた発疹が出ないようになってきたのです。これには驚きでした。あれだけ塗り薬と食べ物で発疹を避けるようにしていたのが、嘘のような感じでした。しかし、それでも安心はできません。根本的な解決には至っていないのかもしれません。

 

内部を改善するとはツボを押して治すこと。

 

もう一つの方法と言われていた内部からの治療とは、身体のツボを押して体内に蓄積されている毒素を出してしまうことでした。蓄積されている毒素や老廃物を吐き出させることで、発疹の原因となりそうな体質を変えていくという考え方のようでした。しかし、それは意外なやり方で、足の裏のツボを刺激する方法でした。

 

「足の裏?」と最初は首を傾げるのですが、足の裏をマッサージするのです。確かに足の裏にはたくさんのツボがあって、臓器と連携していると聞いたことはありました。第二の心臓と呼ばれるほど大事な部位なのですが、ここに集中しているツボを押していくのです。実はこの方法が間接的でも、確実な効果が現れるのでした。

 

マッサージをする前に、まず十分に水分を摂ります。お水を飲んだ後に、足裏のツボのマッサージに移るのですが、実際には先のとがっだ棒で、足の裏を力強くなぞるように滑らせていくのです。実はこのマッサージが飛び上がるほど痛く、初めて施術を受ける人の中には気絶する人も少なからずいるそうです。
時間にして約30分です。

 

 

飲んだ水は尿として排出されるのですが、このマッサージのおかけで、各臓器が活発に動き出して、毒素を尿として出すとのこと。この方法は自宅でも簡単に行えるのですが、これを続けて3ヶ月経った頃から、発疹が出ないようになったのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ