乾燥肌とかゆみの切っても切れない関係を断つには!?

乾燥肌とかゆみの切っても切れない関係を断つには!?

かゆみと乾燥肌が治った!?私が実践したスキンケアと対策のポイントについて!

私がかゆみ肌に悩み始めたのは、24歳の冬でした。
それまで乾燥とは無縁だったのですが、妊娠、出産を期に
顔の乾燥によるかゆみや、毛穴の広がりを感じるようになってしまいました。

 

 

乾燥による悪影響はかゆみだけでなく、化粧のノリが
かなり悪くなっていることにも悩まされました。
ファンデーションで毛穴が隠せないほどで、自分の顔に自信が持てなくなり、
自ら距離をとってしまうことも自然と増えてしまいました。

 

 

しばらくはお金を掛けて高い化粧品を買ったり皮膚科に通ったりもしてみました。
お金をかけて続けているうちは効果が持続するのですが、
その方法をやめるとたちまち元の状態に戻り、しかも悪化する悪循環に陥っていました。

 

いつまでもお金もかけられないので、どのようなスキンケアが
乾燥する肌に良いのか情報を集めてみることにしました。

 

 

あらゆる情報を読み込み、お金をかけないスキンケア方法をするには
肌のターンオーバーを正常に行えるようにすることが
一番効果的であるという結論に至りました。
このためには、なるべく肌に負担をかけないことが大切なので、
次のことを心掛けながら日頃のスキンケア方法を改善しました。

 

・化粧落としのクレンジングは肌の負担になるのでやめる
・毛穴の角栓の絞り出しや、めくれた皮を落とすことは肌の負担になるので絶対行わない
・基本的に顔に触らないようにする
・こすったり、掻いたりすることも我慢する
・化粧品はお湯や洗顔料で簡単に落ちるものを使う
・ 化粧水はたっぷり使い、肌がしっとりするまで何回も重ねづけする
・乳液を保湿クリームに変える
→乳液を塗った後、逆に乾燥することに疑問を感じたので、乳液を使わないようにしました。

 

 

最初は保湿クリームにニベアの青缶を使っていましたが、
べたつきが気になったのでメンタームのメディカルマッサージクリームを
使い始めました。¥500以下で手に入り、3か月以上使えるのでかなり経済的で
保湿効果も抜群です。べたつきが少ないのも気にいっています。

 

各時間のスキンケア方法は以下の通りシンプルなものを心掛けています。
朝はお湯で優しく洗顔→タオルで優しく水気を取る→化粧水をよくなじませる→保湿クリームを塗る
少しでも外へ出る日は必ず日焼け止めをつける。

 

入浴時

 

シャワーで化粧を軽く落とす(こすらない)→泡立てた洗顔料で優しく洗顔する→お湯をシャワーで泡を流す(ここでもこすらない)→ 水気を優しく取り化粧水をなじませる→保湿クリームを塗る

 

その他に週2回以上お湯パッティングや、
コットンで5分間の化粧水パックをするようにしています。
コットンパックも5分以上行うと肌が乾燥してくるので
必ず5分で切り上げるようにしています。
化粧水も保湿機能の高いものを選ぶようにしていますが、
決してお金はかけていません。

 

このケアを初めてから、約2週間ほどでかゆみが改善したのを感じました。
次第に皮のめくれ、毛穴の開きが改善していき、
顔全体的な悩みが気にならなくなったのはケアを初めて3ヶ月が経った頃でした。

 

 

夏の湿気がある日でも乾燥していた肌でしたが、
冬でも乾燥が気にならなくなったことに感動しました。
このようなシンプルなケアを初めてから、
乾燥はもちろんのことにニキビなどの肌トラブルも気にならなくなりました。

 

 

思春期からニキビにも悩まされていたので、
この改善はとてもうれしいことでした。
改善までに時間はかかりますが、このようなあまり手をかけない
シンプルなケアにすることで自分の肌本来の再生能力が蘇ったように思えます。

 

 

お金もかからず、慣れてしまえば継続するのも全く苦に感じません。
私にはシンプルなケアがとても適しているようなので、今度も続けていきたいと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ